新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 雄飛(29)|2017年7月19日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

f:id:akkai005:20170809120919j:plain

 四日は、関西文化会館の落成を祝う大阪支部長会が、四回に分けて開催されることになっていた。山本伸一は、“大事な支部長・婦人部長の皆さんと、共に新しいスタートを切りたい”と、すべての支部長会に出席し、全魂を注いで指導した。
 「健康第一で、はつらつと地域広布の指揮を執ってください。皆さんが元気であれば、全支部員もまた、元気になっていきます。常に満々たる生命力をたたえたリーダーであっていただきたい」
 「どんなに財や地位、名誉を手にしたとしても、むなしさに苛まれた人生であれば、幸せとはいえない。真剣に信心に励み、会合などに参加した時は、身も心も軽くなり、生命の充実を感じることができる。この充実のなかにこそ、最高の満足があり、幸福がある」
 「学会活動をしていくなかで、“なんで自分が、こんなことを言われなくてはならないのだ”と思うこともあるでしょう。しかし、経文、御書に照らして見るならば、仏の使いとして、この末法に出現して法を説いているのだから、苦難があって当然です。また、広宣流布のために苦労を重ねることによって、今世で宿業を転換し、永遠の幸福境涯を開いていくことができる。そう思うならば、苦労は即歓喜となるではありませんか!」
 「一生成仏の信心の火を消してはならない。生涯、広宣流布の陣列から離れずについていく、持続の信心のなかに、人生の大勝利があることを知ってください」
 一回一回、全力投球の指導であった。その間に、関西の十三大学会の新しい期のメンバーと記念撮影もした。支部長会の参加者のために、ピアノも演奏した。多くの同志と握手も交わした。四回目の支部長会が終了したのは、午後八時過ぎであった。
 さらに、奈良から大挙して同志が到着した。そのメンバーのために、急遽、勤行会が開かれたのである。
 同志のために労を惜しまない――伸一の心であり、指導者の永遠不変の精神である。