新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 雄飛(9)|2017年6月24日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

 四月二十五日、山本伸一を団長とする訪中団一行は、北京を発ち、空路、広東省省都広州市を経て、桂林市を訪ねた。
 翌日、車で楊堤へ出て、煙雨のなか、徒歩で漓江のほとりの船着き場に向かった。霧雨の竹林を抜けると、河原にいた子どもたちが近寄ってきた。そのなかに天秤棒を担いで、薬を売りにきていた二人の少女がいた。
 彼女たちは、道行く人に、「薬はなんでもそろっていますよ。お好きなものをどうぞ」と呼びかけている。
 質素な服に、飾り気のないお下げ髪である。澄んだ瞳が印象的であった。
 伸一は、微笑みながら、自分の額を指さして、「それでは、すみませんが、頭の良くなる薬はありませんか?」と尋ねた。少女の一人が、まったく動じる様子もなく答えた。
 「あっ、その薬なら、たった今、売り切れてしまいました」
 そして、ニッコリと笑みを浮かべた。
 見事な機転である。どっと笑いが弾けた。
 伸一は、肩をすくめて言った。
 「それは、私たちの頭にとって、大変に残念なことです」
 彼は、妻の峯子と、お土産として、少女たちから塗り薬などの薬を買った。
 少女の機転は、薬を売りながら、やりとりを通して磨かれていったものかもしれない。
 子どもは、社会の大切な宝であり、未来を映す鏡である。伸一は、子どもたちが、大地に根を張るように、強く、たくましく育っている姿に、二十一世紀の希望を見る思いがした。そして、この子らのためにも、教育・文化の交流に、さらに力を注ごうと決意を新たにしたのである。
 一行は、桂林市の副市長らに案内されながら、楊堤から漓江の下流にある陽朔まで約二時間半、船上で対話の花を咲かせた。
 「江は青羅帯を作し、山は碧玉篸の如し」(注)と謳われた桂林の景観である。川の両側には、屛風のように奇岩が連なる。白いベールに包まれた雨の仙境を船は進んだ。

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 『続国訳漢文大成 文学部第九巻 韓退之詩集 下巻』東洋文化協会=現代表記に改めた。