新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 雄飛(8)|2017年6月23日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

f:id:akkai005:20170627070313j:plain

 山本伸一との語らいで華国鋒主席は、十億を超える中国人民の衣食住の確保、とりわけ食糧問題が深刻な課題であるとし、まず国民経済の基礎になる農業の確立に力を注ぎたいと述べた。農民の生活が向上していけば、市場の購買力は高まり、それが工業発展の力にもなるからだという。
 その言葉から、膨大な数の人民の暮らしを必死に守り、活路を見いだそうとする中国首脳の苦悩を、伸一は、あらためて実感した。
 政治は、現実である。そこには、人びとの生活がかかっている。足元を見すえぬ理想論は空想にすぎない。現実の地道な改善、向上が図られてこそ、人びとの支持もある。
 また、伸一は、革命が成就すると官僚化が定着し、人民との分離が生じてしまうことについて意見を求めた。
 華主席は、官僚主義の改革こそ、「四つの現代化」を進めるうえで重要な課題であるとし、そのために、「役人への教育」「機構改革」「人民による監督」が必要であると語った。
 指導的な立場にある人が、「民衆のため」という目的を忘れ、保身に走るならば、いかなる組織も硬直化した官僚主義に陥っていく。
 ゆえに、リーダーは、常に組織の第一線に立ち、民衆のなかで生き、共に走り、共に汗を流していくことである。また、常に、「なんのため」という原点に立ち返り、自らを見詰め、律していく人間革命が不可欠となる。
 華主席は、五月末に訪日する予定であった。語らいでは、日中友好の“金の橋”を堅固にしていくことの重要性も確認された。
 この北京では、創価大学で学び、今春、帰国した女子留学生とも語り合った。
 「今」という時は二度とかえらない。ゆえに伸一は、一瞬たりとも時を逃すまいと決め、一人でも多くの人と会い、対話し、励まし、友好を結び、深めることに全精魂を注いだ。
 文豪トルストイは記している。
 「重要なことは、何よりもまず、今、自分が置かれた状況にあって、最高の方法で、現在という時を生きることである」(注)

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 『レフ・トルストイ全集第69巻』テラ出版社(ロシア語)

都議選2017は公明党の大勝利

「政治は、現実である。そこには、人びとの生活がかかっている。足元を見すえぬ理想論は空想にすぎない。現実の地道な改善、向上が図られてこそ、人びとの支持もある」とは、今回の「新人間革命 雄飛8」における、池田先生の政治に関する重要なご指導です。

言うまでも無く、現与党・公明党を設立されたのは、池田大作先生です。故に、公明党は、現実の人々の生活の改善と向上を図る政党でなくてはなりません。

折りしも、2017年の都議会議員選挙では、各選挙区で激戦が展開されています。

公明党は与党であれ野党であった時であれ、「大衆と共に」との現実的な行動を貫いて来ました。

しかしながら、どうしても、実績はさて置き、風評・人気で左右されてしまうのが「選挙」の悲しいところでもあります。

都議選 公明党 候補者の最新情勢(都議選2017)

故に、なんとしても都議会公明党には大勝利してもらいたく念願致します。