新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 雄飛(21)|2017年7月8日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

f:id:akkai005:20170802125919j:plain

 三十日の夕刻、山本伸一は福岡市博多区の九州文化会館(後の福岡中央文化会館)に着いた。車を降りて最初に向かったのは、会館に集って来た同志のところであった。
 多くの人たちは、会館には来たものの、伸一とは会えないのではないかとの思いがあった。それだけに、彼が皆のところへ足を運び、「ありがとう! 皆さんは勝ったんです」と声をかけると、喜びが弾けた。
 伸一の手を握り締めて離さぬ壮年や老婦人もいた。一人の婦人が、持参してきた雑誌を見せながら、「念願の料理店を開きました。店が雑誌に紹介されています。ぜひ来てください」と語ると、伸一は「お伺いしますよ」と笑顔を向けた。
 なんの分け隔てもない、信心で結ばれた人間の絆――これが“創価家族”である。
 翌五月一日も、九州文化会館には、早朝から大勢の同志が訪ねて来た。伸一は、会員の姿を見ると、「どうぞ、こちらへ」と言ってねぎらい、握手を交わし、記念のカメラに納まった。その人数がどんどん増えていった。運営にあたる男子部幹部は困惑した。
 “これでは対応しきれない。何よりも、先生がお疲れになってしまう!”
 彼は、来館者が、なるべく伸一に会わないように誘導していった。だが、それに気づいた伸一は、あえて厳しい口調で言った。
 「求めて会いに来た方々を、さえぎる権利など誰にもないよ」
 会長辞任以来一年、思うように学会員と会えないなかで、満を持して開始された激励行である。全同志と会い、全精魂を注いで励まそうというのが、伸一の決意であった。
 男子部の幹部は、師の心を十分に汲み取ることのできなかった自身を恥じた。
 この日、伸一は、「ぜひ来てください」と言っていた婦人部員の料理店にも足を運んだ。死力を尽くす思いで、一人でも多くの同志と会っていった。反転攻勢の「時」を、断じて逸するわけにはいかなかった。“師子よ立て! 今が勝負だ!”――彼は心で叫び続けた。