新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 雄飛(20)|2017年7月7日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

f:id:akkai005:20170802125831j:plain

 山本伸一長崎駅に到着すると、彼を見送ろうと、たくさんの人たちが来ていた。
 伸一は、駅員や乗客の迷惑にならないように気遣いながら、励ましの言葉をかけた。
 「ありがとう。皆さんのご苦労を、私はよく知っております」
 「幸せになってください。いや、絶対になれると、確信して進むことが大事です。広宣流布に生き抜いてきた地涌の菩薩が、幸せになれないわけがありません」
 「一緒に、もう一度、新しい創価学会をつくりましょう」
 列車に乗ってからも、会釈し、手を振り、心と心の窓越しの対話が続いた。
 伸一の乗った特急列車は、長崎を発つと、諫早肥前鹿島、肥前山口、佐賀、鳥栖と止まった。どの駅にも学会員が集まって来ていた。彼の福岡行きは、既に新聞発表されていたために、どの列車に乗るかは容易に察しがついたのである。
 皆、伸一の姿を見つけると、満面の笑みで手を振った。しかし、ホームまで来ていながら、柱の陰などに身を潜め、遠くからジーッと彼を見詰める人もいた。伸一を「先生」と呼ぶことさえ、宗門僧から批判されてきただけに、彼に迷惑をかけてはならないと考えていたのである。伸一は、そんな同志が、いとおしくて仕方なかった。ホームに降りていって力の限り励ましたい思いにかられた。
 伸一は、同行の幹部に言った。
 「こうした無名の同志が、今日の学会を築いてこられた。炎暑の夏も、吹雪の冬も、友の幸せを願い、祈り、対話に歩き、広宣流布を現実に進めてくださった。その歩みこそ、社会の、一国の、全人類の宿命転換を成し遂げていく原動力だ。まさに、一人ひとりが、立正安国の実現のために出現した尊き使命の仏子だ。私は、この人たちのために戦う!
 幹部は、この健気な学会員に最大の敬意を表し、最も大切にし、守り励ましていくんだ」
 組織も、また幹部も、すべては、会員、同志の幸福を実現するためにこそある。