新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 雄飛(19)|2017年7月6日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

f:id:akkai005:20170802125827j:plain

 三十日、山本伸一は午後一時過ぎに長崎を発って、列車で福岡に向かう予定であった。彼は、その前に、どうしても訪問しておきたいところがあった。稲佐町にある、壮年部県書記長の大林喜久丸の家である。
 一九七三年(昭和四十八年)の三月、北九州市で行われた初の九州青年部総会の折、当時、男子部の長崎総合本部長であった大林と、「長崎に行った時には、必ず君の自宅を訪問させてもらうよ」と約束していたのである。
 その話を聞いた大林の母・倭代は、「それを実現できるようにするのが、弟子の信心です。祈りましょう」と毅然と語った。以来、家族で真剣な唱題が始まった。彼女は、長崎広布の先駆者の一人であった。
 大林の家は、眼下に長崎港を一望する高台にあった。母親の倭代をはじめ、彼の兄、弟、その夫人たちが伸一を迎えた。皆で記念のカメラに納まり、勤行した。
 倭代は、「先生がいつ来られてもいいように」と、手作りの座布団も用意していた。伸一は、その真心に深く感謝しながら、懇談のひとときを過ごした。話題は、一年前の会長・法華講総講頭の辞任に及んだ。
 ――そのニュースをテレビで知った倭代は、体を震わせて激怒し、こう叫んだという。
 「とんでもないことだ! 何かの謀略です。こんなことを許してはならない」
 道理に反すること、恩知らず、広宣流布を破壊する悪は絶対に許さぬというのが、母の信念であった。威張りくさった僧の横暴にも“今に見よ! 正義は必ず勝つ!”との思いで、この苦汁の一年を過ごしてきたのだ。
 いかなる外圧も、同志の心に滾々と湧く、創価の精神の泉を枯渇させることはできない。
 「ありがとう! その精神は、見事に、息子さんたちが受け継いでくれています。お母さんは勝ったんです。私もこれからは自由に動きます。また長崎にも来ますよ」
 語らいを終えた時、地元の女子部の幹部が指導を受けたいと言って訪ねてきた。伸一は出発時刻ぎりぎりまで、彼女を励ました。