新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 雄飛(11)|2017年6月27日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

 二十六日の夕刻、山本伸一は宿舎の榕湖飯店で、桂林市画院の院長で広西芸術学院教授の李駱公と懇談した。李院長は日本留学の経験もあり、著名な書画家、篆刻家である。
 書や絵画について話が弾んだが、次の言葉が、伸一の心に深く残った。
 「書道というものは、単なる文字のための文字ではありません。人間の思想、感情から生まれるものであり、その人の世界観、宇宙観、人格を表すものです」
 広西芸術学院は、三十年後の二〇一〇年(平成二十二年)四月、伸一に終身名誉教授の称号を贈っている。
   
 二十七日午前、訪中団一行は桂林を発ち、広州を経由して、夕刻、上海に到着した。ここが、最後の訪問地となる。
 翌二十八日午前、伸一は上海体育館で行われた、上海市へのスポーツ用品の贈呈式に出席し、午後には同市の長寧区工読学校を視察した。ここは、十六、七歳の非行少年の更生を目的とした全寮制の学校である。
 一行は、校長らの案内で各教室を回った。
 伸一は生徒たちと次々に握手を交わし、語り合った。あらゆる可能性を秘めているのが若者である。何があっても強く生き抜いてほしいと思うと、手にも声にも力がこもった。
 「人生は長い。ちょっとしたきっかけで挫折してしまうこともある。でも、それによって、絶対に希望を失ってはならない。挑戦ある限り、必ず希望はあります。
 しかし、自暴自棄になったり、あきらめたりすることは、その希望の灯を自ら消してしまうことになる。したがって、どんなことがあっても、自分に負けてはなりません。自分に勝つことが、すべてに勝つことです。
 この学校で、しっかり学び抜いて、社会のために、お父さん、お母さんのために、自己自身のために勝利してください。決して落胆せずに大成長し、必ず日本に来てください。
 忍耐だよ。負けてはいけないよ!」
 頷く生徒たちの目に、決意の輝きを見た。