新人間革命に学ぶ

新人間革命での池田先生のご指導に学ぶブログです。

新人間革命 大山(31)|2017年2月7日

【楽天ブックスの電子書籍】新・人間革命をスマホで読む

f:id:akkai005:20170207114422j:plain

創価学会は、日蓮大聖人の御遺命である広宣流布を成就するために出現した、地涌の菩薩の集いである。ゆえに、初代会長の牧口常三郎も、第二代会長の戸田城聖も、万人の幸福の実現に思いを馳せ、死身弘法の決意で、広宣流布の道を切り開いてきた。
 われらもまた、その創価の師弟の精神を受け継ぎ、今世のわが使命を果たすために、誇り高く、勇んで弘教に走る。
 どのような事態になろうが、創価の師弟の大道を守り抜く限り、慈折広布の前進がとどまることはない。世界の平和へ、人類の幸福へと歴史の歯車は回り、一人ひとりの桜花爛漫たる幸の人生が開かれていく――山本伸一は、全同志に、その確信を、断じて持ち続けてほしかったのである。
  
 四月十六日の午後、伸一は、来日していたアメリカの前国務長官ヘンリー・A・キッシンジャー博士の訪問を受け、東京・渋谷区の国際友好会館(後の東京国際友好会館)で会談した。約四年ぶりの対面である。
 博士は、一九二三年(大正十二年)にドイツで生まれ、少年時代にナチスによるユダヤ人への弾圧を逃れ、一家でアメリカへ移住する。ハーバード大学で政治学を専攻し、さらに博士号を取得。六二年(昭和三十七年)に同大学の教授となる。ニクソン政権では大統領補佐官、国務長官を歴任。その間に、ニクソンの訪中、訪ソを推進し、米ソ戦略兵器制限交渉、ベトナム和平、中東和平などを手がけ、彼の外交手腕は、世界の耳目を集めた。
 七三年(同四十八年)にノーベル平和賞を受賞。七七年(同五十二年)、カーター政権の誕生を機にホワイトハウスを去り、ジョージタウン大学の教授等を務めている。
 「ようこそ! お待ちしておりました」
 伸一は、博士と固い握手を交わし、一緒に会館の庭を散策しながら、近況を語り合った。
 彼は、対話を通して、恒久平和の道を開く手がかりを、共に探し出そうとしていた。語らいによる啓発から新しい知恵が生まれる。